インドネシア現地リポート | 文化

2015.01.08インドネシアのお正月

皆さん、新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
2015年の目標設定はしましたか?私の2015年の目標は自分を改善する事です。ブログ更新の改善もその一つで、きちんと週一回更新できる
ように頑張ります!

さて、皆さんはどういうお正月をお過ごしましたか?日本のお正月と言えば、家族の皆が集まり、年越しそばを食べたり、焼いたお餅やお雑煮を食べたり、初詣に行ったり、おみくじを引いたり、そして、子供が
一番楽しみにしているお年玉がもらえたりする日です。とても家族の温もりを感じられる行事だと思います。

インドネシアのお正月は日本と違い、欧米文化を導入しているのでお正月はパーティという認識が強いです。カレンダーが変わるという事以外はあまり深い意味もなく、良い一年になるように神様に祈るという習慣も特にありません。12月31日の夜に皆が集まり、年が変わる瞬間をカウントダウンしながらパーティをしたり、家でバーベキュー等をしたりします。0時ぴったりになると皆で「Happy New Year!」と言ってトランペットを吹いたりします。ジャカルタのような大都市には巨大な花火も立ち上げられます。

また、インドネシアでは期間が近いクリスマスとお正月は一連のイベントとして祝う商業施設が多いため、クリスマスもお正月も同じレイアウト、同じ飾りを使う商業施設がほとんどです。12月になると
「Merry Christmas and Happy New Year」のフライヤーが至るところで見られます。特にジャカルタ中心部にあるデパートやショッピングモールでは巨大なクリスマスツリーやサンタさんも飾られ大半の国民がムスリムの国であることを忘れる程、クリスマス一色になっています。
もちろん、クリスマス&お正月用の飾りなので、クリスマスが過ぎてもクリスマスツリーは飾られます。日本ではなかなか考えられない事ですね。

今年入社した弊社の日本人スタッフがこの状況を見て“年明けたのにメリークリスマス?!”と本当に驚いていました。
逆に、私は日本に来て初めての年末、12月26日にクリスマスツリー等がなくなりお正月モードにすっかり変わった事にとても驚きました。
文化って本当に面白い物ですね。

写真は1月末まで続くクリスマスモードの写真です。

今年も実りある素敵な年になるようにがんばります!

インドネシア進出支援! まずはお気軽にお問い合わせください!! 御社のインドネシア事業を完全支援 0120-952-008 受付時間 9:00〜18:00 (土日・祝日を除く) Overseas Expansion Advisers Vietnam 海外進出アドバイザーズ インドネシア お問い合わせ
登録する