インドネシア現地リポート | 商品・サービス

2015.03.25日本の食品もインドネシアで売られていますよ!

今回はインドネシアで流通している日本の食材について書きたい
と思います。

先日のブログでもご紹介したと思いますが、インドネシアでは現在、
日本食を含めた日本の文化がブームになっています。特に若者は
「日本と関係している物なら何でも好き!」と思っている人も少なくはないです。そのため、日本の食材もたくさん流通しています。

先日、ジャカルタ市内で一番日本食材の品揃えが豊富なスーパーマーケット「PAPAYA」に行ってきました。インドネシアに住んでいる方はご存じだと思いますが、在インドネシア日本人をターゲットにしているお店です。定番のお茶やお菓子はもちろんの事、味噌のような、他のスーパーではなかなか手に入らない調味料もそろっています。

更にこのスーパーでは、インドネシアのスーパーでは珍しく日本から直輸入した日本の生鮮食材(野菜、魚、お肉など)も販売しています。
日本の野菜等は新鮮で高品質として好評ですが、輸入コストも入れるとインドネシアでの販売価格が他国から輸入した野菜より何倍も高くなります。そのため、日本の生鮮食材を取り扱っているスーパーが少ないのです。

もちろん、こちらのスーパーでの販売価格もびっくりするほど高かったです。例えば、日本のニンジンが3本96,900ルピア(約969円)で販売され、里芋は100g 24,080ルピア(約240円)で販売されていたのを見ました。高すぎて、私は絶対買いたくないなと思いますが(笑)、日本の味が恋しい方は値段が高くても食べたいものですね。

私も日本での生活を始めた頃はインドネシアの食材を見つけたら嬉しくて、値段が高くても買っていました。やはり、「食」はホームシックの心を癒してくれる癒しアイテムの一つですね。そして、こちらのスーパーでは煮物やお寿司、日本のお惣菜も販売しています。日本での販売価格に比べたらやはり値段は高めですが(笑)、かなり美味しいです。

お店の2階にはモスバーガー系列カフェの「MOS CAFÉ」やダイソー、日本人向けの旅行会社もありますので、
非常に便利ですよ。

インドネシア進出支援! まずはお気軽にお問い合わせください!! 御社のインドネシア事業を完全支援 0120-952-008 受付時間 9:00〜18:00 (土日・祝日を除く) Overseas Expansion Advisers Vietnam 海外進出アドバイザーズ インドネシア お問い合わせ
登録する