インドネシア現地リポート | 商品・サービス

2014.09.25TONGSIS (Tongkat Narsis)

最近インドネシアで流行っているTongsis (Tongkat Narsis)を
ご紹介します。

Tongsis「トンシス」とはいったい何でしょう?
実は「Tongkat Narsis」 の略で、インドネシア語では
「Tongkat = 棒」、 「 Narsis =ナルシスト」、直訳すると
【Tongsis = ナルシスト棒】という意味になります。
自撮り用の棒の事を言います。

そのデバイスの本当の名前は「Monopod(モノポッド)」
らしいですが、なぜかインドネシアではTongsis と呼ばれています。


人気の秘密は周りの人に助けを求めなくてもきれいに写真が撮れるからです。
また、自撮りだと難しい角度から撮ることもできるのも人気の理由の一つです。

デジタルカメラやスマホをセットし、タイマーをかければ簡単に自撮りができるので、
特に旅行好きな方や、SNSで自分の写真を載せるのが好きなインドネシア人にはたまらない道具です。

最近ではタイマーをかけなくても良いタイプが登場しました。
blue toothで端末(デジカメやスマホ)に接続して、Tongsisに付いているボタンを押せば写真が撮れる
仕組みになっています。
値段は、一番安い物が500円で、一番高い物が5000円、機能と品質によって幅広い値段で設定されています。

Tongsisが初めてインドネシアに上陸したのは2012年だそうです。
当時、タイのバンコクであるイベントに参加した写真が趣味のBabab(ババブ)さんという方が、
このMonopod を使っている人を見て、「これは面白い!インドネシアにも売れそう」と思いついたらしく、
インドネシアでのmonopod販売を始めたそうです。
最初は中国のメーカーから仕入れて「Tongkat ajaib (魔法の棒)」と名付けて販売しましたが
いつのまにか名前がTongsisに変わったとコメントをしました。
2013年に、一度tongsis の人気が下がったものの、2014年に入り、急にまた人気が出てきました。

インドネシア進出支援! まずはお気軽にお問い合わせください!! 御社のインドネシア事業を完全支援 0120-952-008 受付時間 9:00〜18:00 (土日・祝日を除く) Overseas Expansion Advisers Vietnam 海外進出アドバイザーズ インドネシア お問い合わせ
登録する